究極の好きな1曲がある話〜go! go! vanillas、奇妙礼太郎、monobright、クリープハイプ〜

前回、タイトルの話題について、androp、THE HIGH-LOWS、LOSTAGE、黒木渚を書いた。まだまだあるな、と思ったので紹介させて欲しい。

「エマ」go! go! vanillas
踊り出したくなる曲だ。聴いたことのある人も多い曲かもしれない。
この楽曲を一発で好きになったのは、静岡は清水で行われたフジソニックでのことだった。このフェスは、スペアザ、レキシ、アジカン目当てに行ったのだが、とても楽しい催しだった。「じゃあ、フェスはどれに行こうか?」にも触れている。
さて、ここのDJダイノジがかけた曲が「エマ」だったと思う。耳に残るメロディと愉快な感じ、明るく照らされたような気持ちになるのがとても心地よかった。Czecho No Republicが好きな人に特に聴いてみて欲しい。いや、もう聴いてるかも。

「オーシャンゼリゼ」奇妙礼太郎
これもまた同フェスで、DJダイノジのかけた曲だったと思う。この曲自体はカバー曲だが、声に惹きつけられ、そして会場の幸福感に浮かされ大好きになっていた。こんな多幸感のある曲もなかなかないというような、心を開いてくれる曲だと思う。楽しくて仕方なかった。あの幸せにしてくれる声は、ハナレグミが好きな自分に響くものがあるなと思う。DJというのも面白いなあ、と感じ入った体験でもあった。

「ハイスクールキュンキュン ~SCHOOL OF LOCK! バージョン~」monobright
この曲を聴いた瞬間一瞬で惚れた記憶がある。この音源が欲しいがために、CDを買った思い出もある。SOL生徒だったときの話だ。青春が全部詰まったみたいな曲である。懐かしの校長、教頭も登場するので一度聴いてみて欲しい。曲調もクセになり、ついつい口ずさみたくなる1曲だ。

「すぐに」クリープハイプ
イントロから好きな曲だ。自分のなかにあるクリープへの勝手なパブリックイメージには反するような、牧歌的な雰囲気がツボだった。歌いたくなるようなメロディの心地よさがある。
ちなみに「イト」も好きだ。ベースが大変格好いいと思う。あとサビに入る前の揺れるようなメロディも素晴らしく好きだ。

ここに書いた曲が全部分かる人とは握手がしたい。なおかつ、系統も分かってもらえたと思うので、おすすめがあったらぜひ教えて欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました